3年 松村真友

東京は所狭しとたくさんの路線が通っていますが、路線図を見ていてやはり特徴的なのがJRの山手線と中央線ですよね。
環状線と、その円を通過する線。実はこの線路、ある意味があるんだそうです。
それは、風水に基づいて設計されているということです。
中央線がまっすぐではなく波打っているのは太極図をイメージしており、魚眼にあたるのが皇居と新宿御苑辺りになるんだそうです。
元々は江戸を徳川家康に仕えた天海僧正という人が風水に基づき設計したそうで、それを引き継いだ後藤新平という政治家が関東大震災後、再び災害が起きないように、魔物が来ないようにとデザインしたそうです。
魚眼の新宿御苑辺りと言うのは、四ツ谷や歌舞伎町も含まれるようです。皇居と歌舞伎町の真逆なイメージが、まさに陰と陽ですね。
震災が相次ぐ日本ですが、東京に少しでも効果はあるのでしょうか。東京だけでなく各地でこれ以上被害が出ないことを祈りつつ今日も電車を利用
したいと思います。

Comment