2年 植松柚衣

こんにちは!もう10月も半ばですね。
早いもので、今年も残すところ約2ヶ月半となりました。みなさんはどのような日々をお過ごしですか?

私は先日、成人式の前撮りをしてきました。初めて着る振袖に最初はわくわくしていたのですが、長時間着ていると、とても苦しく、直前にかなり大きなおにぎりを食べてしまったことを後悔しました。

さて、日本において成人といえば20歳ですが、世界では成人に対する概念が異なるようです。
世界的に見ると、18歳以上を成人と定める国が大多数を占めています。(イギリス、イタリア、中国、ドイツなど)
アメリカやカナダではなんと州によって成人年齢が異なるそうです。

また、日本では成人式が開催されますが、世界では驚くような儀式が行われています。
マサイ族ではライオンを狩ったり、バヌアツ共和国では、木のツルで足首を縛り30mの高さからジャンプをします。これらができないと立派な成人として認められないそうです。とても厳しいですよね。
また、中国では成人の儀式の際に、親から子へ、子から親へお手紙を渡しあうんだとか!日頃あまり伝えられない感謝の気持ちを伝え合うなんて、とても素敵なことですよね。
そして、オーストラリアやアメリカ、イギリスでは成人式自体がないのです!なんだかちょっぴり寂しいですよね!
このように見ていくと、国ごとに様々な特色があることが分かります。

伝統的な袴や振袖を身につけて祝う日本の成人式は、日本の伝統を継承していくことでもありますね。
華やかな日本の成人式に日本的な美を感じます。
新成人もそうでない人も、なんだか嬉しい気持ちになれる成人の日!お世話になった人に感謝の気持ちを伝えたいものですね。

Comment