明治大学商学部  成田葉月

明治大学商学部

 成田葉月

今の大学生の誕生日会はどのように行われているのでしょうか。最近SNSでよく投稿が見られる誕生日会についてその実情を探るべく、都内の大学に通う女子大生の誕生日会で参与観察を行いました。

 

調査から、次のような今どきの誕生日会の特徴が見えてきました。

 

「サプライズ」が当たり前

「誕生日会するからこの日あけといて」と前もって伝える誕生日会と差別化します。

 

こだわった「場所選び」

今回は居酒屋でした。そのほかに、カフェ、レストラン、一人暮らしの家など様々な場所で行われています。前もって連絡しておくと、独自の誕生日プレートを出してくれるお店もあります。今回の店では、店内のBGMを誕生日ソングに変え、持ち込んだケーキに花火をさしてお皿にのせるという演出をしてくれました。

 

出すのが当たり前――「バースデープレート」

よくSNSで見受けられるお店独自のバースデープレート。ここで言うバースデープレートとは大皿の上にデザートと一緒にかわいい飾り付けがしてあり、チョコレートのペンなどでメッセージをかいたものです。(「Happy Birthday ○○」など)

(典型的なバースデープレートの写真)

(典型的なバースデープレートの写真)

今回の誕生日会で出してもらったものはこちらです。自分たちで持ち込みしたケーキでも、このようにお皿にのせ、花火をつけるというサービスをしてくれました。

プレゼントは化粧品。女子大学生にとってはよくあるプレゼントです。

 

 

誕生日1ヶ月前に開催!?――誕生日会の新常識

今回は4月上旬の誕生日の女性を3月12日に祝いました。必ずしも誕生日やその前後の日に祝うものではないということが分かります。それぞれ忙しく日程を合わせるのが大変な大学生は、気持ちがあればどんなに誕生日から離れていても問題ないのです。

 

終わった後にはSNS

インスタグラムで本当によく見られる誕生日会の投稿。今回調査させてもらったお二人も会の後、インスタグラムに投稿していました。

左:本人 右:祝う側

左:本人 右:祝う側

撮った写真を編集しコメントをつけてタグ付けする。二人とも同じやり方で投稿していました。このような投稿を見て次のお店を決めたり、プレゼント決めの参考にしてみたりするのです。

 

大切な友人を祝う誕生日会。場所はどこであれバースデープレートをだして、ちょっとしたプレゼントをあげるというパターンが出来上がっているようです。プレートをだすことは半ば“義務”。「みんなやっているから」「SNSでよく見るから」やっておく。もちろん嫌々やっているというわけではありません。誕生日会でどんなことをするか考えたときに、真っ先に出てくるのはこのやり方なのです。

そして、大学生が遊んだ後に必ずと言っていいほど使用するSNS。今回も自然と二人は投稿していました。大学生とSNSは切っても切れない関係なのです。

 

 

Comment